船舶免許を取る

教習風景

船舶免許をとるにはスクールへ

船舶免許とは、エンジン付きボートやヨット、水上オートバイなどを操縦できる資格で、小型船舶操縦免許のことです。船舶免許の種類は航行区域に制限のない1級、平水区域と海岸から5海里以内の航行が可能な2級、水上バイク専用の免許である特殊、の3種類があります。船舶免許は国家資格のため、学科と実技の国家試験に合格する必要があります。おすすめの取得方法は、国土交通省に登録された小型船舶教習所、スクールに通う方法です。このような場所で教習を受けると、国家試験が免除されます。学科と実技の教習課程を修了し、修了審査に合格することで国家資格が免除されるシステムです。修了審査は、教習課程が終わればすぐに受けることができるので、移動時間もなく短期間で取得できるのがメリットです。

マリンスポーツを楽しむために

本格的なマリンスポーツ、またマリンスポーツの幅を広げたい人に、船舶免許の取得はおすすめです。1級の取得なら外洋まで航行できますし、2級の取得でもボートやヨット、フィッシングなど手軽なマリンスポーツを楽しむことができます。水上バイクに乗りたいと思うだけでも、特殊小型船舶免許が必要になってくるのです。船舶免許の教習所で習得するメリットは、その業界の知識や技術が豊富なスタッフに学ぶことができる点です。また、2級から1級へのステップアップや、免許を失効した場合、更新したい場合にもスクールで行うことができます。また船舶免許取得には、年齢基準や視力や聴力などの身体基準にも合格する必要がありますので受講前に確認しましょう。